1. HOME > 
  2. 収蔵作品 > 
  3. 天心遺品・日用品

収蔵作品 サブ

天心遺品・日用品

印章(天心所有)

素材
四角柱雅印 獅子型鈕付
寸法
縦1.2 横1.2 高5.0
寄贈者
アーサー・マックレーン氏未亡人

印材としては田黄、鶏血、寿山、青田石など多くがあり、これは寿山石である。鈕(上部の彫刻)は獅子、亀、鳥、龍などいろいろあり、これは獅子である。
「剛」の一字が白文で刻られ、刀は力強く動いている。誰の印か不明である。

下駄(ボストン美術館勤務当時天心所用)

素材
駒下駄 桐製 籐貼り
寸法
長23.3 巾9.0 高4.4
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

天心はアメリカ滞在中、和服で過ごすことが殆どであったという。この下駄もそのために携えて行ったもので、下駄の裏に残る商標から、小石川白山町の越後屋の製品であることが解る。歯裏の金具は失われているが、金具と歯の間に貼られていた和紙は残っている。

丸型硯(ボストン時代天心所用)

素材
端溪 蓮の葉型 底板・蓋付
寸法
縦13.3 横13.2 高2.2

端渓荷葉硯(天心の日誌によれば蓮花硯で明時代の硯)で優品である。端渓硯は広東省広州の南100キロ余の高要県肇慶市を中心にして産出し、唐宋時代から採取された。日誌によれば、明治45年5月20日北京、尊古斎で購入したものである。墨道の左上に「拙庵心賞」と丸く刻字してあり珍しい。

急須

素材
黄銅製
寸法
径8.4 高7.5
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

制作年
明治時代末期
素材
平織 縞柄 暗緑色 絹製
寸法
前丈86 後丈87 前巾31
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

天心がボストン美術館中国日本美術部長当時に着用した袴である。  腰板に松鶴マーク(現・松屋百貨店のシンボルマーク)の縫取がある。この松鶴マークは明治40年11月に東京の松屋呉服店と横浜の鶴屋呉服店の共通マークとして初めて作成使用されたものである。天心は同年11月16日に渡米しているので、以後逝去までの期間に着用されたものと思われる。

指導札 明治40年五浦観月会

作者
横山大観
素材
木製
寸法
縦22.5 横36.7
寄贈者
東京都 酒井三良

朱硯(ボストン時代天心所用)

素材
長方形 蓋付
寸法
縦6.3 横4.0 高0.9
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

朱墨用の硯で、石質は不明であるが、和硯と思われる。一般的に朱墨用の硯はあまり吟味しないことが多い。

春草の絵具棚

素材
黒漆塗
寸法
幅111.8 奥行36.1 高91.0
寄贈者
東京都 菱田春夫(春草長男)

春草は眼病のため明治41年に五浦を離れ、明治44年には世を去る。この画材棚が春草の制作を見守ったのはわずか数年だったが、《落葉》や《黒き猫》など、近代日本画としていち早く重要文化財に指定される傑作の誕生に寄与している。大切に保管されていた遺品が、37歳で逝った春草を惜しむ遺族の思いを今に伝えている。

小刀・箸

素材
七宝鞘付 銀製箸一組 小刀一
寸法
箸 長27.5  小刀 刀身20  鞘 22.5
寄贈者
東京都 酒井三良氏

中国製である。天心は前後3回中国に渡っている。明治26年の際は、中国人を装っての視察旅行であるが、明治39-40年、明治45年には、ボストン美術館のために美術工芸品を購入している。おそらくその時に私用として買い求めたものであろう。

燭台

素材
木製
寸法
高57×台径16cm

煎茶茶碗

素材
陶器(京焼)
寸法
径7.3 高4.7
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

大観使用の絵具角皿

素材
瀬戸焼 角皿 白色 一枚 鳩居堂製
寸法
縦20 横9
寄贈者
横山静子(大観夫人)

大観使用の絵具皿

素材
瀬戸焼 丸型皿 白色 三枚 鳩居堂製
寸法
径12
寄贈者
横山静子(大観夫人)

大観使用の絵筆

素材
毛筆 三本「大観名入れ」
寄贈者
横山静子(大観夫人)

茶杓

作者
共筒銘 楽々浪吐翠
素材
竹製 中節草型
寸法
長18.6
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

茶壷(ボストン美術館勤務当時天心所用)

素材
錫製
寸法
径16.5 高18.5
寄贈者
アーサー・マックレーン氏未亡人

アーサー・マックレーン(J.ArtherMcLean)は、岡倉天心がボストン美術館在任の頃、中国日本美術部管理係助手をしていた。その関係で天心の遺品を所持していたものと思われる。

茶筅

素材
竹製 黒檀製筒入
寸法
高9.0
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

茶籠(ボストン美術館勤務当時天心所用)

素材
藤製 茶器5点入り
寸法
巾30.7 奥行17 高22.5
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

天心は明治12年頃、正阿弥という茶人に茶道を学んだという。また晩年の渡米に際しては、陸羽の茶経を携え、それを座右において『茶の本』(“The Book of Tea”1906)を書き、ニューヨークのフォックス・ダフィールド社から出版した。在米中知己となったガードナー夫人には、日本から茶の道具一式を送ったりもしている。  日露戦争後のことで、日本が好戦国と誤解される風潮もあった時期に、天心は日本人が茶や花を愛玩する美風を持つ、平和愛好の国民性であることを知らせようとしたものである。

蝶牡丹蒔絵椀(天心所用)

作者
六角紫水
素材
木製 蒔絵
寸法
径13 全高10.2
寄贈者
東京都 酒井三良氏

胴の張り具合や肩の線に、天心にも似た気骨を感じさせる、大ぶりの潤塗り(黒漆に朱または紅柄を混合して、栗色の落ち着いた光沢を持つ塗り上げにしたもの。椀類に多く見られ、潤(うるみ)椀の称がある。)の椀である。蓋を開けると身付の部分には簡潔な線描を主にして金銀で蝶が蒔絵されている。蓋裏には牡丹の花がおおらかに蒔絵され、花びらの周りには金の毛打ちが施されている。

蝶蒔絵衣桁(天心所用)

作者
六角紫水
素材
木製 蒔絵
寸法
長さ88.5
寄贈者
東京都 酒井三良氏

六角紫水(本名注太良)は、慶応3年広島県に生まれ、東京美術学校第1回卒業生である。美術学校騒動の時には、教授職を天心と共に辞し、日本美術院創立時には正員として参加した。国内各地の古美術を調査し、また朝鮮楽浪漆器の発掘研究を行い、彩漆の研究をして漆工の発展に寄与した。天心の推薦により、ボストン美術館所蔵の漆器の整理に携わったこともある。帝国美術院会員となり、昭和25年に没した。  この衣桁は、黒漆面に金銀の平蒔絵と高蒔絵で蝶があしらわれている。現在は銀が酸化して黒色を呈しているが、当時は金と銀のコントラストが華麗であったと思われる。上の棹には上着を、下の棹には袴をかけて使用したものである。

天心遺蹟

作者
横山大観
素材
木製板に墨書
寸法
54.6×12×1.5cm

東京美術学校初期制服(木村武山着用)

素材
表地/毛・綾織・緑青暗灰色 裏地/絹・繻子・淡青色
寸法
前丈97.5 後丈97.5 肩巾61 袖丈35
寄贈者
木村武夫氏(武山令息)

開校当初に定められた東京美術学校校服は、奈良朝の服装に倣ったもので、世間の注目をあつめた。生徒は入学後1ヶ月以内に、自費で校服を作って着用することを定められていたが、服装の形や色などについてはどのように規定があったのか判然としない。明治22年4月15日発行の「美術」第3号には「教員のハ茶色の綾毛織地に水色甲斐絹の裏を附け生徒ハ鉄色無地の毛織に水色の裏を附け帽子も無類異形の物なれば其圖を上に掲ぐ」とあり、生徒用の服の記述は、武山着用の服にほぼ符合している。図では腋下が全部開いているが、武山着用は裾から35センチまでが開いている。  この校服は明治30年からは儀式用となり、ふだんは、略式の襷をつけることとなった。

東京美術学校初期制帽(下村観山着用)

素材
漆紗冠 黒色 黒漆文様入
寸法
頭廻り56
寄贈者
下村英時氏(観山令息)

校服と同じく、東京美術学校の初期に着用された帽子である。帽子についての記述はくわしいのが見あたらないが、「美術」第3号の図では、後側のさがりが紐状に描かれている点が大きな相違点である。文様は細かい四ッ菱である。

湯沸(ボストン美術館勤務当時天心所用)

素材
銅製
寸法
径12.3 高11.8
寄贈者
アーサー・マックレーン氏未亡人

徳利

寄贈者
俵 安次(元北茨城市大津郵便局長)

二見形文台(天心所用)

作者
不祥
制作年
明治21年頃
素材
寸法
奥行33.3 巾58.2 高12.0
寄贈者
平野啓司氏(ゲーテ研究家)

米山高麗子夫人(天心の愛嬢)より平野博士に寄贈されたものである。  桧の天板の表面には、二見ケ浦の夫婦岩と扇面が墨で枯淡に描かれており、有容斎と筆書されている。裏面には福井旧城主松平春岳の筆で「二見とハ 松の朝日に梅の月 さしのぼる朝日は御代の姿也」とある。天板の端喰(筆返し)や脚の両端の濃紫色の材は、短い材を数カ所で接合して使われており、相当に貴重な古材と推察される。

日本美術院正員徽章襷

白絹の帯

素材
図柄:下村観山筆「海と松」
寄贈者
南 恒子(木村武山長女)

白木綿地水流紋浴衣(天心夫人着用)

寄贈者
瀬木美代子氏

筆立(ボストン時代天心所用)

素材
銅製 二本立
寸法
巾4.2 奥行3.7 高7.5
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

使った筆を洗わずに穂先きを下にして立てるものであり、筆池、筆套、筆筒などともいう。  これは銅製のもので二本立てである。金属製、ガラス製などがあり、時には五本立て、七本立てのものもある。  支那旅行日誌によれば、明治26年10月1日に骨董店(西安)にて購入したものである。(銅筆立 1円とある)

普段着(天心着用)

素材
寸法
幅96.1 高141.0
寄贈者
瀬木美代子(岡倉一雄夫人の姪)

風呂敷(ボストン美術館時代天心所用)

素材
通常風呂敷 木綿 縞入
寸法
縦73 横73.5
寄贈者
下村英時氏(観山令息)

風呂敷の隅に 日本岡倉 と署名が筆書されている。和服着用と同じく、アメリカに在って日本人を協調する意志が感じられる。

文部省辞令(岡倉天心)

制作年
明治13年から17年
素材
紙 12枚
寸法
縦21.6 横28.2
寄贈者
東京都 岡倉古志郎氏(天心令孫)

岡倉覚三に対する文部省辞令。明治13年10月18日の御用掛・音楽取締掛勤務として就職する時の辞令から17年12月の月俸の辞令までの12枚。明治14年11月には前月から施行された文部省部局の1つである専門学校勤務となり、音楽取締掛は兼務となる。さらに15年4月はその兼務は免ぜられていることがわかる。これは音楽取締掛長の伊沢修二と合わなかったためとされている。文部少輔九鬼隆一の学事巡視に随行することを申付ける辞令が2枚ある。15年9月のものは新潟県、石川県、17年2月のものは長崎県、佐賀県への巡視随行であった。17年6月の辞令にある京阪出張はいわゆる古社寺調査のことである。この過程で法隆寺夢殿の救世観音を発見した。また16年10月の除服出仕は、当時よく出された喪が明けて出勤する時の辞令である。ただ、誰の喪が明けたのかは明らかでない。

墨壷

素材
壷型 陶器
寸法
径7.0 高5.5

硯に水を入れる用具で、筆先、筆覘(点)、水中丞(水丞)、水注、水滴など各種があり、これは陶製(中国釣窯)で、水中丞に当たるものである。日誌によれば、明治45年5月13日に北京、尊古斎にて購入したものと思われる。

龍王丸

作者
設計 : 岡倉天心
制作年
大正2年
寸法
全長4.77m

釣好きの天心は、ボストン美術館の勤務の合間にも海釣りに出かけていた。そこでヨットの性能に強く魅かれた天心は、五浦で使っていた和船の改良を思い立ち、明治44年までには、ボストンの関係者と相談して龍王丸の10分の1の模型を製作していたらしい。大正元年夏、天心は平潟の「金大工」こと鈴木金次郎にその模型を預けて渡米。大正2年4月に帰国すると飛んで帰って出来具合いを確かめ、その日のうちに関係者数人を招いて慰労の宴を張り、翌朝にはスズキ釣に出かけたという。天心の愛息、一雄の記憶によれば、それまで愛用のかもめ丸と数キロ先の漁場から並走し、龍王丸は30分も早く五浦に到着したという。真鍮製だったというセンターボートは戦時中に供出されて形状は不明だが、舷側と船底は当初の部材が使われていて、和魂洋才の天心の思想を具体的に見せてくれる。

崑崙の釜

素材
唐鉄製茶釜
寸法
径20 高16
寄贈者
東京都 酒井三良氏

天心がボストン美術館中国日本部長当時使用した茶釜である。箱には平櫛田中の賛がある。

素材
黒漆無地
寸法
径8.1 高6.0
寄贈者
ボストン 富田幸次郎氏(ボストン美術館東洋部名誉部長)

開館カレンダー

  • 茨城大学五浦美術文化研究所 復興計画

    2012年4月、皆さまのご協力ご支援のおかげで茨城大学五浦美術文化研究所六角堂は無事復興のシンボルとして五浦の海を目前に颯爽と蘇りました。御礼申し上げます。

    今後さらに、震災・復興の記録を後世に残すための記念館の建設、日本美術院研究所跡地の整備等も視野に入れ、六角堂を中心とした文化財の維持管理にも努力してまいります。

    ACCESS

    〒319-1703 茨城県北茨城市大津町五浦727-2
    TEL.0293-46-0766


    大きな地図で見る