1. HOME > 
  2. 収蔵作品 > 
  3. 美術作品

収蔵作品 サブ

美術作品

横行自在賛画

作者
奥原晴湖(天保八年ー大正二年)
制作年
明治時代
素材
紙本 軸装
寸法
縦一三五・〇 横六三・一
寄贈者
東京都 森田殷史氏

奥原晴湖(本名せつ)は、古河藩家老の娘として生まれ、奥原家の養女となった。牧田水石(ひらたすいせき)に画を学び、のちに江戸に出て明清画家の画法を研究し、特に鄭板橋と費晴湖に私淑し、東海晴湖と署名した。幕末から明治10年代の南画流行の波に乗って、安田老山と画壇に覇を競った。明治9年、15歳の岡倉角蔵(後の覚三)は、晴湖の門に入り絵を学んだ。 この絵は、豪放磊落、男勝りの晴湖の性格が出て居り、東海晴湖の署名がある。

横山大観先生像下絵

作者
竪山南風(明治二十年ー昭和五十五年)
制作年
昭和三十二年
素材
紙本 軸装
寸法
縦一一七・〇 横七五・〇
寄贈者
東京都 竪山南風氏

昭和32年(1957)第42回院展に出品、南風肖像画中傑作と評された『大観先生像』の下絵である。日本画家横山大観の上半身を簡潔な墨線で鋭く描写し、近代日本を代表する大家の晩年の風貌を彷彿とさせる。 堅山南風は明治20年(1887)熊本県生まれ。高橋広湖に師事、大正2年(1913)第7回文展に出品した『霜月頃』が大観に認められ、その後大観に認められ、その後大観に私淑した。大正3年日本美術院再興に参加、同13年に同人となる。昭和43年(1968)文化勲章を受賞。同55年没。

作者
酒井三良
制作年
昭和三八年
素材
紙本墨画淡彩 額装
寸法
縦七四・三 横一〇四・六
寄贈者
購入

大観は、院展の中堅画家酒井三良に五浦の別荘を貸し与え、三良は昭和21年から29年まで五浦で暮らした。三良は、牛久の小川芋銭の誘いで院展に参加し、その影響から田園風俗を水墨で飄々と描き出し、独自の境地を確立していた。会津を拠点としていた三良は、五浦での生活によって海を描き始めたといえる。
華やかな色彩と技術を競う若手の画家が増えつつあった院展の中で、異色ともいえた「文人」芋銭は昭和13年に没している。清貧な文人画風は、院展では弟子の三良だけだったのだ。じつは大観の作品にも早くから稚拙な雰囲気があって、終戦直後には、戦時中の神がかったような富士や桜のテーマから離れ、五浦での初心を確認するように素朴な《漁夫》などという作品を描いている。三良が、巨匠と称される大観と響きあった古拙の趣が、この作品にもある。

海暾(昭和55年盗難)

作者
横山大観
素材
額装
寸法
縦六五・五 横八八・〇

湖畔

作者
塩出英雄(明治四十五年ー )
素材
版画(リトグラフ 26/100)
寸法
39×52.8(画面) 47.5×63(紙面)

五浦

作者
塩出英雄(明治四十五年ー )
制作年
昭和四十五年
素材
紙本 二曲屏風
寸法
縦二一四・五 横二七〇・六
寄贈者
東京都 日本美術院

塩出英雄は広島県に生まれ、昭和11年帝国美術学校日本画科を卒業、在学中から奥村土牛に師事した。昭和12年より院展に出品、14年には院友に推され、されに奨励賞、日本美術院賞の受賞を重ねて、36年に同人に推挙された。44年第54回院展に出品した「春山」で内閣総理大臣賞を受賞した。現在院展理事。この絵は、日本美術院が五浦に在った当時の様子を、復元したものである。昭和45年第55回院展に出品された。

紅葉小禽図

作者
木村武山(明治九年ー昭和十七年)
制作年
昭和
素材
紙本彩色 軸装
寸法
縦一三八・〇 横三〇・〇
寄贈者
大畑達司

三猿図

作者
下村観山(明治六年ー昭和五年)
制作年
大正十三年頃
素材
紙本 軸装
寸法
縦一〇九・〇 横六七・三
寄贈者
横浜市 下村英時氏(下村観山令息)

三猿とは青面金剛の使い猿で、三匹の猿がそれぞれ眼、口、耳を押える姿で表現され、見ざる、言わざる、聞かざるの意を表す。この絵では盲、唖、聾で、寓意的に表している。筆の線に肥痩濃淡の変化があり、観山の線描家としての側面をよく見せている。この絵は下絵であり、本画は第1回淡交会(大正13年)に出品されている。

秋景

作者
木村武山(明治九年ー昭和十七年)
制作年
昭和十六年頃
素材
絹本 軸装
寸法
縦五一・五 横七一・七
寄贈者
水戸市 大場千秋氏(元茨城大学教授)

この作品の水墨と金泥の使い方を見ると、彼が風景の本質を光に感じる繊細な画家であったことが分かる。月の光に照らされて白く浮かび上がる花影と、螢の小さいが強い光との対比に目をつけた武山のデリケートな感性の賜物である。金泥による鋭い葉影と、宗達流のたらし込みによる水墨の柔らかな葉影が、晩夏と初秋、夕暮れと夜の入り交じる複雑な季節と時刻を感じさせる。逝く夏の螢の光と足だけを見せる秋の虫の音も対比的に表すなどの工夫も細かい。小品ながら武山の力量を示す佳作と言えるだろう。

小春

作者
木村武山(明治九年ー昭和十七年)
制作年
大正三年
素材
六曲一双屏風
寸法
各縦一七六・六 横三七八・八
寄贈者
和歌山県 南恒子(木村武山長女)

横長の大画面に秋の草木を描く。右隻の中央にたわわに実をつけた柿の木を配し、枝は上半と左隻の右半(向かって)までに及ぶ。根もと付近に向日葵と葉鶏頭が描かれ、小鳥が一羽餌をついばんでいる。左隻は右半に篠竹十数本、中央下半から左にかけては葉鶏頭と栗が描かれ、柿の枝先に小鳥を止まらしている。本紙(絹地)は裏に金箔を押して画面全体を薄い金色地として、下地を施さずに草木等を比較的薄く顔料を用いて描く。全体に暖色系統の印象を示し、ことに薄金色の空間部分が効果的で、いかにも秋の小春日和の雰囲気を漂わせている。この作品は、大正3年に日本橋三越で開催された再興美術院第1回展覧会に出品したもので、武山の代表作のひとつに挙げられている。

達磨図

作者
新納忠之介
寄贈者
大道武男

天心邸壁画

道成寺

作者
今村紫紅(明治十三年ー大正五年)
素材
紙本 軸装
寸法
縦五九・二 横四九・二
寄贈者
東京都 平櫛倬太郎(田中)氏

今村紫紅(本名寿三郎)は横浜に生まれ、松本楓湖に師事し、安田靫彦、小林古径らと紅児会を結成、国画玉成る会、巽画会、文展に、新しい視覚による作品を発表した。日本美術院の五浦次代に来浦したこともあり、大正3年の日本美術院再興には同人として参加した。この絵は、紫紅の絵の中では比較的色彩の押さえられた作品であるが、その中になお、色彩画家の片鱗が見られる。

日本美術院血脈図

作者
平山郁夫(昭和五年ー )
制作年
昭和四十年
素材
紙本 額装
寸法
縦二二二 横一七九
寄贈者
東京都 平山郁夫氏

平山郁夫は広島県に生まれ、昭和27年東京美術学校卒業、前田青邨に師事した。28年院展初入選以来毎回出品を続け、36年第46回院展に「入涅槃幻想」を出品して、日本美術院賞、大観賞を受賞。以後受賞を重ねて39年同人に推挙された。現在院展評議員。この絵は、日本美術院の系譜を表したものである。創立当時の日本美術院の建物を背景に、中央に馬上の天心、その周囲を院展の同人が囲む。馬の手前右から、武山、大観、観山、春草、最前列右より、田中、青邨、靫彦、土牛、南風らが並んでいる。

梅花半開

作者
奥原晴湖
制作年
明治九年頃
素材
紙本墨画淡彩 軸装
寸法
縦七二・五 横四六・〇
寄贈者
西田享

奥本名池田節。天保8年、古河藩上級武士の娘として生まれた。牧田水石のもとで文晁派の作風を学び、28歳で江戸に出て文人画家として一家をなした。墨の階調を微妙に使い分けた新鮮な画風で、明治維新後の文人画界で名声を博し、女流ながら画家十傑の筆頭に挙げられたこともあった。明治5(1872)年には画塾春暢学舎を開き、多くの弟子で賑わったが、その一人に岡倉天心がいた。《梅花半開》が制作された前後の明治9(1876)年頃、14歳の岡倉が入門して絵を学んでいる。入門を願い出た岡倉に対し、はやりの洋風画を学んだらよかろうとアドバイスしたと伝えられている。晴湖は明治を代表する文人画家として木戸孝允や川上冬崖など一流の名士と交流があり、岡倉とは生涯にわたって漢詩を交換していた。大正2年76歳で没。

普門品井円相観世音菩薩

作者
飛田周山(明治十年ー昭和二十年)
制作年
昭和十年
素材
紙本 軸装
寸法
縦一四六・二 横六六・〇
寄贈者
東京都 堀口蘇山氏

飛田周山(本名飛田正雄)は茨城県に生まれ、久保田米僊、竹内栖鳳、橋本雅邦に学んだ。健実な画風に特色を示し、文展、帝展等に出品し受賞を重ねた。大正9年の第2回帝展では展覧会委員、翌10年第3回帝展等に審査委員となった。日本美術院の研究会員であった周山は、郷里(現北茨城市磯原町)の関係から、明治36年、岡倉天心を福島県平地方、また五浦に案内し、これが日本美術院五浦移転の機縁となった。この絵は、金泥で観世音菩薩を描き、観音経普門品第25を書したもので、昭和十年歳次乙亥之正月八日飛田正雄沐手敬写と署名している。

木彫飛天像

作者
安田靫彦
素材
紙本 額装
寸法
縦五四・〇 横七四・〇
寄贈者
神奈川県 安田靫彦氏

安田靫彦(本名新三郎)は東京に生まれ、小堀鞆音に師事し、今村紫紅らと紅児会を起こし、新日本画の開拓に尽くした。日本美術院の五浦時代に来浦したこともあり、さらに美術院研究生として奈良に派遣されたが、大正3年日本美術院再興にあたっては同人として参加し、帝室技芸員、帝国美術院会員などを歴任、昭和23年文化勲章を受章、33年には、日本美術院理事長となった。この絵には、靫彦の絵の特色である線の美しさが、よく発揮されている。

扇面一幅

作者
芥川龍之介
素材
紙本 軸装(2点合せ)
寸法
縦15 横34.6 ×2 装丁/縦135 横63.6
寄贈者
大久保純子

ウォーナー博士胸像

作者
平櫛田中(明治五年ー昭和五十四年)
制作年
昭和45年3月
素材
ブロンズ金箔押
寄贈者
ウォーナー博士功績顕彰会

扁額/細川護立 撰文と書/矢代幸雄・石田茂作
胸像建設の議は日立製作所から起り、本学・県内をはじめ各方面からの寄付によって完成された。

岡倉天心レリーフ

作者
細谷三郎(明治ー昭和十五年)
制作年
大正三年
素材
石膏像レリーフ 漆塗板付
寸法
径二〇
寄贈者
京都市 西村公朝氏(美術院国宝修理所所長)

岡倉天心の意を受けて国宝修理事業に当たった日本美術院第ニ部は、大正2年天心の死去によって、日本美術院から分離したが、現在も財団法人美術院として事業を続けている。美術院では9月2日を天心祭と定め、大正3年以来継続している。細谷三郎は、明治35年に東京美術学校塑造科を卒業し、美術院に入って塑像の修理を専門とした。法隆寺五十の塔内の塑像や、新薬師寺の十二神将などを修理した。この作品の同型のものが、美術院国宝修理所(京都国立博物館内)の作業場に安置され、天心祭の祭神となっている。

岡倉天心像

作者
平櫛田中(明治五年ー昭和五十四年)
制作年
昭和六年(昭和三十七年鋳造)
素材
ブロンズ,金箔押
寸法
高111
寄贈者
東京都 平櫛倬太郎(田中)氏

平櫛田中(倬太郎)は、岡山県井原市の田中家に生まれ、11歳で平櫛家に養子となった。中谷省古に彫刻の手ほどきを受け、のちに高村光雲に師事した。光雲門下の米原雲海、山崎朝雲らと日本彫刻会を結成して岡倉天心を会長に推した。文展、帝展等に出品し、大正3年の再興日本美術院発足に当たっては、同人として参加した。日本芸術院会員、文化功労賞、文化勲章受賞など栄誉に輝いた。昭和6年、東京美術学校校庭に岡倉天心のブロンズ像を作ったが、その上半身の石膏原型から鋳造したものが、この作品である。

活人箭

作者
平櫛田中(明治五年ー昭和五十四年)
制作年
昭和
素材
木彫
寄贈者
作者

明治41年、日本彫刻会に出品されたこの活人箭は、若手木彫家のホープだった田中が天心に認められるきっかけとなった作品である。もともと活人箭のオリジナルは現在の姿ではなく、天心が見た活人箭は、箭をつがえた弓を手にして構える姿だった。それを日本彫刻会展の最優秀と天心は認めるのだが、後日厳しい批判をする。「あの弓と箭はいりません。あんなものを附けてもじきに失ってしまいます。只これだけでよろしい」と袖をまくり、左手を突出し、射る姿をされ「すーっ」といって上半身と共に両手を左方に、矢が風を切って飛ぶ勢を示され、「これでよろしい。私フランスでロダンに会いました。偉いじいさんです。ロダンはこれをやって居ります。あんな姿では死んだ豕でも射れやしない」(平櫛田中「岡倉先生」平凡社所収)。

念碑(亜細亜ハ 一な里)

作者
新海竹蔵(文字:横山大観)
制作年
昭和17年
素材
石碑

心が没して25年後、日中戦争が勃発した。『東洋の理想』の冒頭の言葉「Asia is one」は、大東亜共栄圏という戦争遂行の理念の一つとして利用され、一躍世に広まった。そうした背景のもと、天心終焉の地・赤倉の土地保存のため、岡倉天心遺績顕彰会が昭和17年に設立され、これを機に五浦の土地建物が顕彰会に寄贈され、この碑が建立された。「亜細亜ハ-なり」の文字は横山大観が揮毫し、横顔の浮き彫りは美術院同人の新海竹蔵が製作したものである。

五浦釣人像

作者
平櫛田中(明治五年ー昭和五十四年)
制作年
昭和三十七年
素材
木彫全身像
寸法
高二三八
寄贈者
東京都 平櫛倬太郎(田中)氏

平櫛田中は、岡倉天心の像を数多く作っている。天心が晩年五浦で釣りにふけった頃の姿を刻んだ「五浦釣人」の第1作は、昭和5年第17回院展に発表された。昭和37年、天心生誕100年を記念して、田中は「五浦釣人」像の大作を完成した。この作品は、37年12月、日本橋三越における「五浦釣人」完成記念展、翌38年第48回院展に出品されたのち、茨城大学に寄贈された。

春日巫女

作者
新納忠之介
素材
彩色陶器
寸法
高21
寄贈者
大道武男氏

天心の文化財保護活動を語るときに、新納忠之介の名を欠かすことはできない。新納は天心とともに日本美術院創設に参加し、美術院第二部の責任者として国宝・仏像修復の分野で比類ない業績を残したが、修復を事業として軌道にのせるのは大変な努力を要した。特に1906年の美術院五浦移転の後は、奈良で独立採算の運営を余儀なくされた。新納らは、経営に資する目的で、有名寺院の仏像や正倉院の工芸品を複製して美術愛好家に販売していたが、実際には経費がかさんで失敗だったといわれている。これもその苦闘時代を偲ぶ販売品で、巫女の姿を郷土玩具風にユーモラスにアレンジしている。元本研究所員の大道氏が、新納の遺族を調査した折に譲り受けたゆかりの品である。

法隆寺五重塔内「羅漢像」模刻

作者
新納忠之介
寸法
高20.8
寄贈者
水戸市 大道武男

曠野像

作者
米原雲海
制作年
大正二年九月
素材
木彫
寸法
高一二三・〇 横三五・〇 奥行四〇・〇
寄贈者
東京都 平櫛倬太郎(田中)氏

雲海(1869-1925)は島根県安来市に生まれ、大工として建築彫刻に従事した後、高村光雲に弟子入りし木彫家となった。明治40年、天心の肝いりで創設された日本彫刻会に参加、平櫛田中とともに主力メンバーとなった。この作品は大正4年の日本彫刻会で展示された後、同年の文部省美術展覧会に出品された。明治43年以降は文展の審査員をつとめていた雲海の充実した時期の制作であり、評価も高かった。テーマについては当時からあいまいだったようで、タイトルからは十六夜叉神の一人で、曠野聚落に住んで仏に教化されたという曠野鬼を現代化した可能性や、天心(大正2年没)亡き後の日本彫刻会のイメージなどと想像されるが、確証はない。

黄瀬戸花入

作者
荒川豊蔵
制作年
昭和45年
素材
陶器
寸法
径13.5 高30.5
寄贈者
作者

荒川豊蔵(1894-1985)は岐阜県多治見出身の陶芸家で、古志野を発見し現代に復興した立役者である。黄瀬戸、瀬戸黒の再現にも成功し、それらの功績で重要無形文化財保持者に指定され、1971年には文化勲章を受賞した。この作品でもその技術を駆使した典型的な作風を示している。北大路魯山人の星ヶ岡窯を手助けしたという経歴を彷佛させるモダンで豪放な造形感覚を認めることができる。六角堂を訪れた荒川が感動して当大学宛に寄贈されたものだという。

桔梗花器

作者
清水六兵衛(六代)
制作年
昭和24年
素材
陶器
寸法
径32.0 高17.5
寄贈者
作者

玄窯線文花瓶

作者
清水六兵衛(六代)
制作年
昭和45年
素材
陶器
寸法
径17.8 高36.4
寄贈者
作者

玄窯草花文花器

作者
清水六兵衛
制作年
昭和42年
寸法
径24.0 高25.0
寄贈者
作者

清水六兵衛(1901-80)は京焼(清水焼)の名窯の六代目にあたる。18世紀以来代々世襲の六兵衛中でも傑出した力量の持ち主と評価が高かった。五代目六兵衛は大観の絵付けによる作品を残しており、五浦との縁が二代続いたことになる。六代目は、渋い黒を導入した「玄窯」や華やかな古稀彩などを手がけて京焼の伝統を独自に発展させ、1962年日本芸術院会員となった。

三彩藍盛器

作者
清水六兵衛
制作年
昭和38年
素材
磁器
寸法
径33.0 高17.0
寄贈者
作者

秋草透し盛器

作者
清水六兵衛
制作年
昭和28年
素材
陶器
寸法
径31.5 高16
寄贈者
作者

緑釉耳付花瓶

作者
井上良斎
制作年
昭和
寸法
径31.0 高27.5
寄贈者
作者

開館カレンダー

  • 茨城大学五浦美術文化研究所 復興計画

    2012年4月、皆さまのご協力ご支援のおかげで茨城大学五浦美術文化研究所六角堂は無事復興のシンボルとして五浦の海を目前に颯爽と蘇りました。御礼申し上げます。

    今後さらに、震災・復興の記録を後世に残すための記念館の建設、日本美術院研究所跡地の整備等も視野に入れ、六角堂を中心とした文化財の維持管理にも努力してまいります。

    ACCESS

    〒319-1703 茨城県北茨城市大津町五浦727-2
    TEL.0293-46-0766


    大きな地図で見る